血縁者のEDとレビトラの必要性

血縁者がEDだと、自分も発症する確率が高いと言われています。
例えば、親がEDで油っぽい食事ばかり食べていた場合、息子である自分も似たような食べ物を好むケースが多いのです。
食生活が似ていると、発症する生活習慣病も似てくるのです。
親が肥満だと息子も肥満になりやすいように、親のEDは息子にも影響すると考えていいでしょう。

血縁者がEDの場合は、自分はそうならないように生活を改める必要があります。
最もよくないのは血流を悪くする習慣なのです。
脂肪分の摂取が多い、運動をほとんどしない、風呂に浸からずシャワーで済ませてしまう、慢性的なストレスが溜まっている、などなど。
不健康な習慣はすべて血流障害に影響すると考えていいでしょう。
慢性的な冷えを感じている場合も、冷えが毛細血管を収縮させて血流を悪くします。
タバコに関しては害しかないので、早急に禁煙してください。

EDの定義は曖昧ですが、一般的に性行為の成功率が25%程度になると該当します。
50%ならEDではありませんが、挿入してもあまり快感を得られない、射精感が弱い、などを自覚するようならED予備軍です。
EDは予備軍のうちに対策をして、それ以上進行させないのがポイントです。
生活習慣を改善しつつ、ED治療薬による対症療法を行って改善させるのが基本です。

レビトラは最も即効性のある薬で、血中に溶解するまでの時間が早いのです。
空腹状態で服用すれば20分も立たないうちに効いてくることもあります。
すぐ効いてくれるので飲むタイミングを合わせやすく、バイアグラよりも使いやすいという方も多いです。
効き目をより早くするためには、空腹時に飲むようにしましょう。
お酒は少しなら問題ありませんが、飲み過ぎると勃起力を低下させます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧