新しいED治療「低衝撃波治療」

悩んでいる男性

ED1000による低衝撃波治療が従来のED治療と大きく異なる点としては、血管系の障害によるED症状に対して根本的治癒が見込めるという点です。
バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬では効果が得られなかった方や、内服を禁止されている方、ED治療薬なしで勃起を回復させたい方にとっても非常に期待のもてる新たなEDの治療法です。
ED1000による治療のメカニズムは、低強度衝撃波の照射すると血管が揺さぶられ細胞内外で反応が起こり、新血管を形成する細胞増殖因子が放出され、増殖性細胞核が生成され新血管の形成を促します。
衝撃波を患部に照射する際、体表面にもある程度の影響が生じます。
しかし、ED治療に用いられる衝撃波はごく低強度であり、影響は極めて小さいものに抑えられてます。
細胞内外での科学反応が新生血管の形成を促進し、やがては新たに形成された生血管が、ダメージを受けてしまったもともとの血管のバイパス的存在になるため、勃起が可能となります。
EDの重症度によって個人差もありますが、1回につき20分程度、陰茎の5部位に衝撃波を与える治療を3週間のうちに6回ほど行い、同じく3週間の休止期間を取った後、もう一度同じ治療を行います。
帝京大学医学部泌尿器科の1年間にわたる臨床治療のデーターによれば、ED1000による低衝撃波治療によってEDの根治を経験した患者は75%に上ると報告されてます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧