心療内科でもバイアグラ処方がある?

笑顔の男性

うつ病は何もやる気が起きない状態が慢性的に続き、日常性生活に支障をきたしている状態のことです。
他にも様々な症状がありますが、うつ病が原因でEDになるケースがあります。
うつ病とEDは一見何の関係ないもないようにみえますが、実はうつ病とEDの密接な関係にあります。
ストレスが多い現代社会で仕事や家庭のストレスがEDの原因になることがありますが、これはうつ病の原因にも十分なります。
ストレスや不安な気持ちは人間の欲望のひとつである性欲を減退させることがありますが、うつ病は特に男性患者さんの半数がEDになると言われています。
ほぼ2人に1人の割合でEDを合併しているということです。
何もやる気が起きない状態でセックスレスになり射精機会を減らしてしまうことも原因のひとつです。
逆に若い男性の間ではセックスの失敗が原因でEDになるか方が増加しています。
EDの症状に悩み、それが原因でうつ病を発症してしまうこともあります。
うつ病を改善することが先決ではありますが、性行為が満足にできないという不安感からさらにうつ病が悪化するという悪循環になってしまいます。
うつ病の薬の中には長期にわたって服用すると副作用で性欲を減退させてしまう作用があるものもありますのでEDを改善するには困難なものにしてしまいます。
気力の減退と性欲の減退は密接な関係にあります。
EDの症状が出始めると焦りや精神的ダメージでうつ病の薬を飲むのをやめてしまいがちですが、うつ病もEDも両方とも悪化してしまいます。
EDはED治療薬で改善できます。
バイアグラやレビトラ、シリアスといった治療薬を服用することで勃起をすることができるようになります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧